IR、就活対策ではドコをどう見ればいいの?

  • home
  • IR、就活対策ではドコをどう見ればいいの?

明日、追手門学院大学様にて、就職活動対策の講義をさせていただきます。

明日は90分ですので、いくつかある必須テーマのうち、「企業リサーチ」についてお話します。

就職活動も恋愛と一緒

ネクネゴは色んな方に”営業”を教えている会社です。

そして、就職活動も「自分という商品を売り込む」という点で”営業”です。

いつも冒頭にお伝えするのは「就活も恋愛と同じ」ということです。

ぜひご自身の恋愛を思い返してほしいのですが、

恋愛で「自分の良さばっかりアピールする」のってどう思いますか?

そんなことして上手くいくケースって少ないですよね。

頭では分かっているはずなのに、就活ではみなさん、

「自分の良さばっかりアピール」しようとしています。

企業の人事採用担当者は、その「猛アピール」を何百人からされています。

恋愛で考えてみて、たしかに猛アピールされるのは嬉しいことかもしれませんが、

「自分のココを見て!!」

「自分ってこんなに素晴らしい人間なんです!!」

というアピールばかりだとゲンナリしてきますよね。

IRは相手の方針を理解するためのもの

では、どんな姿勢が必要なのでしょうか?

それは「相手のことを深く知ろうとする姿勢」です。

これは恋愛もビジネスも就活もまったく同じです。

そして、「相手のことを深く知ろうとする」というのは、

就活においては「相手の方針を正しく理解する」ということです。

ご自身が面接を受ける企業の方針を正しく理解していますか?

企業の方針がもっとも正しく表現されているのが、「IR情報」です。

インベスター リレイションズ(投資家など株主に向けた関連情報)の略称がIRです。

会社は「株主のモノ」です。

その株主さんたちに、

「こうやって業績をのばしていくから、仲間でいてね!投資をしてね!」

と情報を公開するのためのものです。

企業の方針のすべてがこの「IR」に基づいて動いているんですね。

かならずIRは読み込んでおいてほしいです。

ネクネゴの就活講座ではこのIR分析を、

実際の企業を題材にして一緒に分析していきます。

IRを自分なりに解釈するコツは次の記事でご紹介できればと思います。

難しい数字は放っておいても大丈夫ですので、

IRを見るクセをつけていきましょうね(^^

小井

ネクネゴ塾長の小井翔太です。 ネクネゴプロダクションは、大学生、高校生を中心としたZ世代マーケター達が企業とコラボレーションし、企業や社会の課題を解決することを目的としています。出る杭が打たれることの方が多い日本社会で、若者たちが活躍できる場を提供して参ります。