学生がWEB面接で不安に思う事

  • home
  • 学生がWEB面接で不安に思う事

お世話になります。

学生向けの「面接対策講座」を運営しております、
ヌケミチ運営の小井です。

——————————————-
リアルとオンライン、どちらが難しそうですか?
———————————————

先日とある大学でオンライン講義をした際に、

リアル対面面接とオンライン面接、
どちらが難しそうですか?

という質問をしました。

就職課の皆さまは、
どのように思われるでしょうか?

学生からは、

「オンラインのほうが難しそう・・」

という声が多く上がりました。

理由を聞くと、

自分の声が相手に届いているか分からない

ラグがあって、会話しづらい

という声が非常に多くございました。

学生はオンライン面接に大きな不安を抱えていることを、

と再認識しました。

————————————————-
オンラインでは、60%しか伝わらない
————————————————-

ZOOMなどのオンライン面談では、

リアル対面の60%でしか伝わっていない

ことを学生は頭に入れておくべきです。

ですので、

「いつも通りの音量」
「いつも通りのスピード」

でしゃべると、

「ちょっと元気がないな」

と採用担当者に思われてしまうリスクがあります。

「意識的にオンライン用にハキハキ喋っている学生」

から明らかに見劣りする可能性があるのですね。

具体的にどこに気を付けるべきかを、
動画にて4分ほどでまとめおります▽

オンライン面接で気を付けてほしいこと

ご興味のご担当者様は、ぜひご確認ください。

これからもこのようなトピックを少しづつ配信できればと思います。

ご要望やご質問などございましたら、
こちらのフォームにご記入ください。

ご希望記入フォーム

それでは引き続き宜しくお願い申し上げます。

ネクネゴ編集部

Z世代にはどんな特徴があって、社会はZ世代とともにどのように変化していくのか。さまざまな問いかけに対してリサーチしお届けいたします。